いつまでの健康で素敵な笑顔でいて欲しいから!

江別市出身 医院長 宮腰淳二

歯って本当に大事ですか?

医院長 写真

どうして、みんな歯をもっと大事にしないのだろうか!生まれ持ってきた体の一部が悪くなると徐々に体全体へ悪影響が出てきます。
虫歯を放置して歯が無くなりそこから体のバランスが崩れたり、歯周病から体全体が慢性疾患になったりと歯から来る体の不調はたくさんあります。
どうして歯医者にもっと気楽に来てくれないのか?一番の原因は?
最近歯医者さんにいつかかりましたか?

面白いデータがあります。歯がたくさんある人と、歯が少ない人では将来的に医療費のかかり方がかなり違う事が分かってきました。
つまり、歯が沢山あって物を良く噛んで食べている人は、元気な人が多いという事です。
もう一つ、人にあまり甘えず頼らず人生を生きている人はボケないという事も分かってきています。つまり、自分の健康は、自分で自分をしっかり見つめ管理して、悪いところは早めに修理していい状態を永く保つことが一番大事なことなのです。

このいい状態をしっかり治療管理してくれる、そんな頼りにされる歯医者さんを僕は目指しています。
歯科大学を1989年に卒業して今年で23年間歯科治療に携わり、色々な患者さんを見てきました。この間の知識と技術と経験を最大限に発揮して、 この生まれ育った江別の土地で何か少しでも歯医者として役にたつことが出来ればと思い開業する事に決めました。

歯科医院は、悪い所を治療するだけではありません。
お口の中を時々掃除したり、タバコのヤニや茶渋で黄ばんだ歯を白くしたり、歯ブラシの仕方を習ったりと治療以外でも気軽に来て下さい。

上江別歯科・矯正歯科
宮腰 淳二

トップページへ